SRクラウドパッケージのご紹介

SRクラウドパッケージプラン

短期間で手軽に構築することが可能な
クラウド環境は、
現在多くの企業にて利用されています。

クラウド環境を利用することによって、
様々なメリットがあります。

クラウド環境による3つのメリット
メリット1
短期間で構築が可能
メリット2
ハードウェアの維持管理から解放される
メリット3
リソースの変更が容易

ただし、
便利になったように見える
クラウド環境の利用ですが、
そこには意外な落とし穴が。。。

こんな課題やお悩みは
ありませんか?

課題1-1
開発と運用

現在でもまだまだ開発を行い、保守・運用においてもオンプレ時代と同様の業務が残っています。
クラウド環境の利用によりハードウェアの維持管理からは解放されますが、その他システムを安定稼働するための保守・運用業務は数多く発生します。

課題1-2
保守/運用の業務内容

開発フェーズ 運用フェーズ
対象 環境構築
インストール
保守業務(二次対応) 保守業務(一次対応) 運用業務
アプリケーション
  • アプリ関連障害の原因究明と対応策の立案
  • 発生課題の対応策検討
  • プログラム変更の影響調査
  • 予防保守
  • 改善提案
  • プログラム障害の受付と類似事象の調査及び回答
  • プログラム利用者からの各種相談の受付と類似相談の調査及び回答
  • インシデントの管理
  • 月次報告書作成
  • 稼働統計資料作成
  • サービス要求(申請業務の受付)
  • オペレーション:プログラムやプロセスの起動停止
  • オペレーション:自動化できなかったバッチ
  • オペレーション:手作業自動化できなかったパッチ適用
  • アラートメッセージの検知
ミドルウェア
  • ミドル関連障害の原因究明と対応策の立案
  • 発生課題の対応策検討
  • パッチやバージョンアップの影響調査
  • 予防保守
  • 改善提案
  • ミドル製品バージョンアップ
  • ミドル障害の受付と類似事象の調査及び回答
  • システム利用者からの各種相談の受付と類似相談の調査及び回答
  • インシデントの管理
  • 月次報告書作成
  • 稼働統計資料作成
  • サービス要求(申請業務の受付)
  • オペレーション:プミドルプロセスの起動停止
  • >オペレーション:自動化できなかったバッチ
  • オペレーション:手作業自動化できなかったパッチ適用
  • アラートメッセージの検知
OS
  • OS障害の原因究明と対応策の立案
  • 発生課題の対応策検討
  • パッチやバージョンアップの影響調査
  • 予防保守
  • 改善提案
  • OS環境バージョンアップ
  • OS障害の受付と類似事象の調査及び回答
  • システム利用者からの各種相談の受付と類似相談の調査及び回答
  • インシデントの管理
  • 月次報告書作成
  • 稼働統計資料作成
  • サービス要求(申請業務の受付)
  • オペレーション:OSの起動停止(個別インスタンス)
  • オペレーション:自動化できなかったバッチ
  • オペレーション:手作業自動化できなかったパッチ適用
  • アラートメッセージの検知
インフラ
  • システム障害の原因究明と対応策の立案
  • 発生課題の対応策検討
  • システムの追加変更影響調査
  • 予防保守
  • 改善提案
  • クラウド環境バージョンアップ
  • システム障害の受付と類似事象の調査及び回答
  • システム利用者からの各種相談の受付と類似相談の調査及び回答
  • インシデントの管理
  • 月次報告書作成
  • 稼働統計資料作成
  • サービス要求(申請業務の受付)
  • オペレーション:全インスタンスの起動停止
  • オペレーション:自動化できなかったバッチ
  • オペレーション:手作業自動化できなかったパッチ適用
  • アラートメッセージの検知
開発フェーズ 運用フェーズ
対象 環境構築
インストール
保守業務(二次対応) 保守業務(一次対応) 運用業務
アプリケーション
  • ・システムの監視
  • ・トラブル発生時の対応、復旧作業、原因究明、切り分け、対策
  • ・システムのアップデート/パッチ適用
  • ・システムのバックアップ
  • ・データの保存や管理
  • ・人手によるオペレーション
  • ・ユーザからの問い合わせ対応や操作レクチャー
  • ・予防保全、改善
ミドルウェア
OS
インフラ

課題1-3
保守/運用業務が及ぼす影響

保守・運用の実態

業務影響/機会損失/利益損失
が発生している

本来実施するための
システム企画に注力ができない

  • 問い合わせが多く
    対応に時間がかかっている。
  • システムに障害が発生して
    利用者から連絡がくる。
  • 資源不足でサービス停止状態
    になったことがある。
  • システムのパッチ適用が多い。

課題2
コスト管理

コスト管理の実態

予算超過の検知や
原因分析ができない

クラウド環境を利用しても
保守/運用コストは変わらない

  • 想定外の料金の請求があった。
  • 何が原因でクラウド環境の
    利用料金が高くなっているのか
    が分からない。
  • クラウド環境にしても
    保守/運用にかかる
    コストは変わらず、
    対応する人員が減らせない。

こんな課題を解決します!

SRクラウドパッケージ

サービスの特徴

SRクラウドパッケージはお客様のシステムを安心・安全に稼働させるためのクラウド環境の構築・提供から保守・運用までをパッケージとして提供します。

取扱サービスラインナップ

インフラ ユニリタクラウド AWS Azure
OS Windows CentOS Redhat

SRクラウドパッケージ概要

お客様の
システム

環境構築/提供

環境構築/提供メニュー

監視

監視テンプレートメニュー

保守運用

保守運用代行メニュー

予防/改善

予防/改善提案メニュー

※ 既存環境からの移行もご相談ください

サービス利用イメージ

サービス
カテゴリ
メニュー詳細
環境構築/提供
  • 仮想マシン構築/グローバルIP割り当て
  • セキュリティグループ(インバウンドIP)設定
  • インスタンス自動起動停止設定
  • セキュリティソフト導入・設定
  • OS・ミドルウェアサポート締結 ※
監視
  • 監視設定
  • アラート送付先設定
  • 他のプラットフォームからの遠隔監視 ※
保守運用代行
  • インスタンスタイプ変更
  • ストレージ(HDD)容量変更
  • 定期的なバックアップ
  • パッチ適用/日次・月次定例処理
  • アラート監視/障害調査・対応
  • インシデント管理/変更管理/構成管理
  • サービスデスク
  • ジョブスケジューラ運用代行 ※
  • 自動障害対応(今後提供予定)
予防/改善
  • 利用料金アラート/レポート提示/改善提案
  • 他社で発生した障害対応の横展開提案
  • クラウド仕様変更内容の情報提供
  • モニタリング
  • キャパシティープランニング/自動プロビジョニング(今後提供予定)

※ オプション

サービスご利用価格表

価格表

6インスタンス以上の場合の価格設定は別途ご相談

初期構築費用

項目 単位 条件 費用(税抜)
インフラ・OS構築/初期設定/監視設定 インスタンス 25,000円
保守運用、サービスデスク代行引継ぎ システム 資料等の整備状況により要相談 50,000円

月額費用

項目 単位 条件 費用(税抜)
保守(一次対応/二次対応/月次報告書) システム 平日日中帯、二次対応の対応範囲はインフラ、OS、ミドルウェアのみ 105,000円
サービスデスク代行 システム 平日日中帯、リモート対応 50,000円
クラウド環境利用料 インスタンス バックアップ含む 変動
(参考例)
1システム/5インスタンス構成の場合
初期費用…
構築25,000円 × 5インスタンス + 保守運用引継ぎ50,000円 = 175,000円
月額費用…
155,000円 + 毎月のクラウド利用料

安心安全な保守/運用を
毎月155,000円で提供します!

キャンペーン

私たちのサービスを
体感していただきたい!キャンペーン

2022年3月末までにご成約いただいた
先着5社のお客様限定で、
月額費用(クラウド利用料含む)を
半年間無償
にてご提供いたします!

(例)2021年11月ご成約の場合
  1. 2021年11月ご成約
  2. キャンペーン適用期間
    月額費用無償
  3. 2022年5月ご成約から半年経過
  4. 初期構築費用お支払い
    (初回のみ)
  5. 月額費用有償
諸条件:
・対象環境は本番環境(監視やサービスデスクが必要な環境)のみとなります。
・初期構築費用については、ご成約から半年経過後の「月額費用の初回支払時」に合わせてお支払いいただきます。
SRクラウドパッケージプラン